飲み屋(キャバクラ・クラブなど)におけるモテるファッションスタイリングとは

飲み屋(キャバクラ・クラブなど)におけるモテるファッションスタイリングとは?

飲み屋、と総称されるキャバクラやクラブやラウンジやガールズバー。
飲み屋で働く女性たちは毎日たくさんの男性を見ます。
水商売をしている女性たちは、綺麗な人ばかりですよね。
そんな綺麗な人からモテるって男性にとっては1つの目標でもあります。
もちろんモテるためには顔や中身も重要ですが、すぐには変えることが出来ません。
今回はすぐに変えることができるのがファッションです。
飲み屋でモテるファッションとはどんなものでしょうか?

ファッションに関するアンケートはコチラ

モテるメンズファッションの前に|第一印象

行きつけのお店に行く以外は、飲み屋(キャバクラ)は初対面同士で会話をすることになります。
飲み屋(キャバクラ)だけに限らず、初対面の相手はまず見た目である程度判断しますよね。
その判断されやすい見た目でいうと、

  • 体型
  • 清潔感
  • ファッション
  • オーラ

などです。
ここですぐに変えやすいのが、清潔感とファッションです。

モテるメンズファッションの前に|清潔感

清潔感は男女ともに大切です。
どんなにオシャレをしてても清潔感がないと台無しです。
清潔感を出すために大切なのは

  • チリ

の3つに気をつけましょう。
「毛」…髪の毛は伸びっぱなしやノーセットはNGです。
ヒゲ、眉毛は綺麗に整えましょう。
鼻毛、耳毛が出ているのは論外です。
「チリ」…塵です。
服に毛玉やゴミがついていない状態を保ちましょう。
フケが乗っているのも不潔でよくありません。
「歯」…大前提として毎日毎食後磨きましょう。
タバコやコーヒーなどで、過度に黄ばんでいる場合は歯医者でクリーニングかホワイトニングで黄ばみを取り除いておきましょう。

見た目ではないのですが、「ニオイ」も重要です。
スタイリング剤の中にはニオイがきついものもあります。
そういうところにも気を使える男性がモテます。

キャバクラでモテるメンズファッション

身だしなみが整ったらいよいよファッションです。
飲み屋(キャバクラ)と、それ以外ではモテるファッションに違いがあるのでしょうか?
飲み屋(キャバクラ)では、お金持ちと思わせた方が最初の食いつきが良いです。
ということは、安っぽいファッションだとモテないということです。

キャバクラではブランドがモテる?!

では、飲み屋(キャバクラ)にブランド物の服を着て行ったらモテるということでは?
と思うかもしれませんね。
たしかに高い服、というのは分かりやすいですが、露骨すぎて引いてしまいがちです。
ギラついて見えたり、怪しく見えてしまいます。
トップスだけ、靴だけ、ならオシャレとして良いですが、全身となると偽物感が出ます。
それに、普段着ていないような服だと「服に着られてる感」が出てしまいます。
特にアウターは主張がすごいのでよほどのお金持ちでない限り、手を出すのはやめておきましょう。

キャバクラでモテるメンズファッション|スーツ編

スーツで仕事に行っている方も多いでしょう。
そのまま付き合いで飲み屋(キャバクラ)へ、なんてこともあると思います。
その時に周りと差をつけるなら、スーツにこだわりましょう。
スーツにもシングル、ダブル、スリーピースなど種類があります。
シングルは1番よく見るタイプのスーツですね。
ダブルは、ボタンが2列になっておりかっちりとした印象のスーツです。
スリーピースは、ベストがあるのでジャケットを脱いでいてもきちんとしたファッションに見えます。
スーツの方が何人か並んだ中にベストだけでいると、それだけで差別化になります。
スーツを変えるのは会社で浮いてしまいそう、と心配な方はいい靴を履くだとか鞄をいいものを使うなど、スーツと組み合わせて使うもので差をつけましょう。

キャバクラでモテるメンズファッション|デニム編

普段着として誰もが持ってるアイテムの一つ。
デニムも周りと同じようになりやすいアイテムです。
注意して欲しいのがサイズ感です。
すっきりとしたシルエットになるスキニータイプが最近は主流ですね。
ですがピチピチすぎるスキニーはNGです。
10代や20代前半ならまだ分かりますが、ある程度大人になってからのピチピチスキニーは若作り必死感、完全なサイズミスとしか見られません。
ピタピタできつすぎるスキニーではなく、サイズ感はピッタリでもピチピチに見えないものを選びましょう。
逆にダボダボも良くありません。
古臭い印象になってしまいます。
過度なダメージも、隙間から見える毛、スネ毛などにゾッとします。
ファッションとして楽しむ分にはいいのですが、飲み屋(キャバクラ)でモテることを考えると、やめた方がいいでしょう。

キャバクラでモテるメンズファッション|トップス編

アイテムの中では安価なので、クローゼットの中で1番数があるのではないでしょうか?
トップスは何にでも合わせやすいので基本的にシンプルなものが好まれます。
よくある3枚セットで〇〇円などの無地のTシャツでもいいのですが、着る人によっては安っぽく見えたりするのであまりおすすめはしません。
オシャレとして丈が長いデザインのものもありますが、奇抜でウケはよろしくないです。
タンクトップもよほどのマッチョでない限り、おもしろくなってしまいます。
英字ロゴ、チェック、チェーン、十字架も今では「厨二ファッション」「地雷ファッション」とされているのでやめておきましょう。

キャバクラでモテるメンズファッション|アイテム編

どんなファッションが飲み屋(キャバクラ)モテするか大体わかってきましたか?
最後にアイテムです。
服をシンプルにしているのでアイテムでアピールしましょう。

アクセサリー

アクセサリーですが、飲み屋(キャバクラ)で働く女性は目がこえています。
どこのブランドのものかも見たら分かる、という方も多いので、中途半端なアクセサリーは付けない方がいいでしょう。
時計だけにする、などシンプルな方が良いです。

バッグ

次に鞄です。
斜めがけの鞄だけは絶対にやめましょう。
飲み屋(キャバクラ)に限らずこのタイプの鞄を使っている人でモテている男性を見たことがありません。
スーツにリュックも最近は増えてきているので、リュックもありです。
ですが、子供っぽいリュックやキャンプなどで使うようなポップすぎるものはダメです。
男性は持ち物が少ないので、鞄なしでもありかと。
スタイリッシュでシンプルなリュックが仕事が出来る感じがしていいでしょう。

靴ですが、着るものによって変わってきますよね。
ただNGなのはブーツです。
男性のブーツはファッションモデルや何かのショーでない限り、カッコいいとは思いません。
足元だけスニーカーで外す、というファッションもあるのでスニーカーでもいいです。
スニーカーを選ぶ際は、子供っぽくならないように気をつけましょう。

全体的にシンプルでまとめながら、ポイントで差別化をはかるのがキモです。

投稿を作成しました 17

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る