男性のモテないファッションスタイリングとは

男性のモテないファッションスタイリングとは?

メンズのオシャレって難しいですよね。
女性はパンツ・スカート両方着ることが出来ますし、短い丈も着ることが出来ます。
しかし男性は、パンツしか選択肢がありません。
その分選択肢も、オシャレの幅も狭くなりますよね。

実はファッションも重要なモテる、モテないの判断材料です。
顔や体型だけではありません。

ではどんなモテないファッションとはどのようなものでしょうか?

モテないメンズファッション|20代前半

20代前半だと、一人暮らし始めたてや大学生などでお金がない場合が多いですね。
そのためファストファッションで適当に揃えてしまうことがあります。
ファストファッションだから悪い、ということではなく、ただ安いから買うということをすると後で組み合わせることが出来なくて困ります。
結局微妙な組み合わせになってしまうのでモテない、という訳です。
あとは、量産型になりがちです。
街や大学で同じようなファッションをしている人を見かけたことありませんか?
みんながしているファッションなので、ダサい訳でなくモテないということはありません。
ただ無難すぎてモテるということもありません。
安く済ませられるインナーや、無地のものはファストファッションで揃えても良いでしょう。

モテないメンズファッション|20代後半

20代後半になると、社会人になりそれなりに収入があります。
ファッションにかける金額も少しは大きくなりますね。
そこでありがちなのが、何かを買いに行くついでについつい余計なものを買ってしまうことです。
買ってしまったからには着ないと使わないともったいない、と思ってイマイチなファッションになってしまうことが多いです。
服を買いに行く時には、頭の中で組み立てながら買い物しましょう。

モテないメンズファッション|30代

自分に合う服やしたいファッションが分かってきた年代ですね。
お給料も安定していたり、起業したりしてファッションに使える額もぐんと上がる年代です。
やってしまいがちなのが、ブランドものに手を出すことです。
もちろんブランドがダメな訳でなく、上質な服を着ることはいいことです。
流行りもありますし、いいものも沢山あります。
ただ全身ブランドで固めるとなると話は別です。
ブランドのセットアップや、奇抜なデザイン、いやらしいと思うほどのブランドアピールは避けましょう。
トップスだけ、バッグだけ、靴だけなど、そこだけならオシャレでいいと思います。
ギラついたファッションはモテません。
もしくはお金目当ての女性しか寄ってこなくなるのでやめましょう。

モテないメンズファッション|40代

40代になると大人の男性というイメージですね。
ファッションに興味がないだけかもしれませんが、色も柄も全部無視してただ着ているだけの学生のような方をたまに見かけます。
ダサい、というほどでも無いのですがモテません。
若作りをしましょう、とはまた違うのですが
きちんと身だしなみに気遣っているように見えるファッションにしましょう。
流行は何年、何十年周期でまた流行ると言いますが、流行っていない期間にするのはダサいだけです。
何年も同じファッションをするのはやめましょう。

モテないメンズファッション|50代

落ち着いたファッションになる年代ではないでしょうか。
ですが 落ち着き≠地味 です。
ただ地味にモノトーンするだけではモテません。
もちろんモノトーンで締めるのも素敵です。
でも毎日色味が無いのは寂しいです。
そして、この年代でのニット帽はやめましょう。
一気に老け込んで見えてしまいます。
丈が長い靴下もスーツ以外ではやめましょう。
そして、5分丈より短いハーフパンツはあまりウケがよくなくモテません。
よく鍛えている人以外は筋肉が落ちてきますよね。
男性らしいたくましい足ならいいのですが、細くなってきた足が目立ってしまいます。

モテないメンズファッション|60代

60代になればもうオシャレなんていいや、と思う方が多いかもしれません。
ですが、いくつになっても身だしなみとしてファッションは大切です。
60代で気をつけたいのが、スーツ以外でのベストです。
オシャレアイテムとしてベストを着ることがありますが、ある程度の年齢になってくるとどうしても似合ってる似合ってない関係なく、おじいちゃん感が出てしまいます。
なるべくシンプルの方がいいでしょう。
そしてなるべく足首を出さないようなファッションがいいです。
足首や手首に年齢が出ます。
老いを感じさせないためにもなるべく隠しましょう。
かといってトータルネックは逆に老け込んで見えます。
首元をトップスで隠すのではなく、マフラーなどを使用することをおすすめします。

モテないメンズファッション|小物編

どの年代にも共通する小物についてです。

帽子

帽子

キャップやニット帽やハットなど様々ですが、あってもなくてもいいときはかぶらない方がいいです。
チャラさが出たり、逆にダサく見えたりします。
メッシュ素材のキャップはスポーツやレジャーの際はいいですが、オシャレとしてはあまりモテるように感じないので違うものがいいでしょう。

バッグ

セカンドバッグはやめましょう。
ファッションアイテムとして使っている成功例をあまり見ません。
そしてウエストポーチや斜めがけのカバンのように、体にかけるタイプのバッグは女性っぽくなってしまいます。

履き潰した靴、汚れているのは論外です。
色も何にでも合わせやすく、浮かない白か黒がおすすめです。

アクセサリー

アクセサリー

時計以外は無い方がいいでしょう。
特に、男性がピアスを沢山つけているのは印象が悪く、モテません。
ネックレスなど、アクセサリーを付けるとしてもシンプルなものにしましょう。

投稿を作成しました 17

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る